あえての素人感

風俗嬢として働く以上、素人の女性ではないのはお客様も分かり切っている部分であるものの、いかにも風俗嬢と思ってしまうと、お客様の気持ちも引いてしまいます。素人感のある風俗嬢である事が大きなポイントになります。イチャイチャした事もスキンシップをとる事も何も嫌な顔をせずに対応してくれて、その上で恥じらいがあるとお客様は素人感をその風俗嬢に抱くものです。

これは初めて風俗嬢として働く女性であっても、既にそれなりに風俗嬢としての歴のある女性であっても同じです。風俗に特別な女性ではなく、普通の女性であっても何も問題ないと載っているのを目にした事がある方も多いはずです。これはこういった部分が大きく関係しており、いかにも風俗嬢の需要は決して高くはありません。

素人の女性ではないものの、素人の女性とあんなことやこんなことをしたいと思う気持ちがお客様にあるからこそ、その期待に応えてあげる事ができれば、結果に繋がってきます。素人系の風俗店が非常に多くなっているのが事実であって、お客様が風俗嬢に求めるものは昭和の時代とは変わってきています。その変わりゆくニーズの違いに対応できるかどうかが大切になります。